ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 患者に安楽をもたらす「看護にいかす触れるケア」のメディカル・タッチ®︎の本が出版されます!
2020.12.06イベント

患者に安楽をもたらす「看護にいかす触れるケア」のメディカル・タッチ®︎の本が出版されます!

お待たせしました! メディカル・タッチ®の本がついに出版されます!出版のお話があってから約1年、書店に本が並ぶことになりました。今、印刷中で、書店に並ぶのは12月下旬になります。エビデンスに基づいた臨床であらゆる患者にすぐに使える技が満載しています。早く、手に入れたい!と言う方には、amazonで予約受付中です!   ご予約はこちらから   ※amazonの本を紹介しているページの「今すぐご予約ください」のボタンをクリックしてご予約ください。PCの方は画面の右端にございます。      

看護の専門書として出版!

出版社のお話では、なんと看護の専門書として書店に置いていただけるそうです。なので、アロマセラピーなどの本が置いてある一般書の棚ではなく「看護」のコーナーを見てくださいね。😊 編集さんからお聞きしたスケジュールでは、クリスマス頃に書店に並びます。ただ、年末なので大型書店以外では1月になってしまうかも…。お正月にゆっくり読みたい、早く手に入れたい!という方はamazonで予約した方が確実に手に入ると思います。    

どんな内容か、ちょっと紹介!

本の内容は、多くの方に喜ばれるハンドマッサージと、体力がなく、短時間でのタッチングが望まれる終末期の患者にも使えるメディカル・タッチ®の2つをエビデンスに基づいて解説しています。      

手技の動画も付いてくる!

ハンドマッサージとメディカル・タッチ®︎は、手順を写真で載せるだけでなく、動画でわかりやすく紹介しています!一粒で2度美味しい某大阪のお菓子会社のキャラメルと同じ仕様になっています。詳しくは本に載ってるQRコードのところを見てくださいね!      

臨床現場ですぐに使える技が満載!

その他にも、触れるケアの根拠や終末期、がん、認知症、病棟、在宅、看護教育等、あらゆる看護の場面で、すぐに臨床で使える活用方法や臨床現場や看護教育での具体的な導入の仕方も解説しています。    

エビデンスに基づいた感染予防対策も載っている!

さらにコロナ禍で重要な感染予防対策についても、WHOやCDC(アメリカ疾病予防管理センター)の情報をもとに解説しています。皆さん、なんでハンドマッサージのときに指輪を外すか知っていますか? 実は感染予防の明確な理由があるんです。これも本に載せているので、℃のページか?探してみてくださいね!      

アマゾンの概要と目次はこちら

こちらがアマゾンに載っている本の概要と目次です。以下はAmazonの予約ページから転載しています。   【本書の概要】 広く使えるハンドマッサージと、体力がなく、短時間でのタッチングが望まれる患者にも使えるメディカル・タッチ。その手順を写真と動画(QRコードで読み取り視聴)でわかりやすく紹介! 終末期、がん、認知症、病棟、在宅、看護教育等、あらゆる看護の場面、多様な患者に活用できる、安全・安楽で効果が検証された手技です。意義や活用方法、臨床現場や看護教育での具体的な導入の方法も解説しています。   【主要目次】 第1章 触れるケア 1触れるケアとは 2安全に触れるために必要な感染予防対策   第2章 ハンドマッサージ 1看護師が行うマッサージ 2ハンドマッサージの看護研究 3ハンドマッサージの実践方法 4ハンドマッサージの手順【動画で紹介】 5看護教育の現場での活用   第3章 メディカル・タッチ 1患者に寄り添うタッチング技術 2メディカル・タッチの開発 3メディカル・タッチの実施方法 4メディカル・タッチの手順【動画で紹介】   第4章 事例でみる臨床現場での活用 1終末期の患者に最後の日まで(がん患者の緩和ケア) 2老いを生きる高齢者(フレイル、認知症ケア) 3家庭の状況に合わせて(在宅でのケア) 4妊産婦へのケア 5子どもへのケア 6患者家族(第2の患者)へのケア 7看護業務で行う方法 8看護業務以外で行う方法 9触れるケアの今後   皆さまからのたくさんのご予約をお待ちしています!! ご予約はこちらから   アイグレー・メディカルタッチスクール事務局
totop